インタビュー

01SPECIAL INTERVIEW

「誰かのために」
その想いは、
誰にも負けない。

四日市オフィス

鬼頭 亨輔Ryosuke Kito

2009年新卒入社。大手企業との取引を次々獲得して勢いに
乗っている若手のホープ

episode01

どこよりも密接に“人” と関わる。その姿勢に惹かれました。

学生時代、確固たる大きな夢や動機は実は持っていませんでした。
ですが、その時に漠然と思い描いていたのは、“人と関わる仕事がしたい” という強い想い。
就職活動のときに求職サイトで知ったのがMan to Manでした。どこよりも、人と密接に関わることができると感じ、入社を決めました。

登録スタッフにとっても、クライアントにとっても、一番近くの存在でありたいです。

現在の仕事内容ですが、登録スタッフの方々への様々なサポートとお客様への営業活動が主な業務内容です。午前は、登録スタッフの方々の対応やお客様との打ち合わせが多く、午後からは、オフィスで書類の整理やデータの作成をすることが多いです。既存のお客様だけではなく、新規の営業活動にも力を入れており、お客様や求職者の方々のお役に立てるように日々取り組んでいます。また、単に企業と求職者の方々を結びつけることだけではなく、スタッフの方々から相談を受ける機会もあり、まだまだ若輩者ではありますが、少しでもお力になれればと思い対応させていただいています。

自分の存在が、誰かの成長に繋がるよう、ポジティブかつ誠実に、取り組んでいきたいです。

新卒で入社して、早7年以上が経とうとしていますが、今思うことは、やはり「誰かの成長を感じることが自分にとって一番嬉しいことだ」ということです。その誰かとは、登録スタッフの方々だけではなく、お客様や社内の人であったり、家族も含みます。今後もそんな“誰かの成長の手助けになる仕事”を日々新しい視点でチャレンジしていきたいと考えています。私の座右の銘は“ケセラセラ(なんとかなる)”です。準備、段取り、きちんと考え精一杯がんばったら“なんとかなる”。自分も、スタッフもポジティブマインドになれるよい言葉だと思っています。

PAGE TOP

インタビュー

PAGE TOP