STRENGTH
01

国内すべての自動車メーカーと取引する
唯一の人材派遣・紹介企業です。

世界中に影響を与えた2008年のリーマンショックを契機に、製造業では「量から質」へと、モノづくりにおける原点回帰が始まりました。それまでの多大な生産量に頼った急成長ではなく、いいモノを着実につくることで持続的に成長できる組織へと生まれ変わりが図られたのです。そして、その動きは人材業界へと波及します。各メーカーが、より多くの人を集めることだけを目的にするのではなく、自社風土や理念に合致した人材を獲得し、長期的な目線で人材育成をすることに注力し始めたのです。この大きな潮流は、私たちが大切にしている姿勢とそのままリンクしました。私たちは、お客様にとっていい人材とは何か、個々の求職者が幸せになれる働き先はどんな場所か、この点だけを真面目に追求してきた企業です。理想の実現のためには、お客様と求職者の双方にしっかりと目線を注ぎ、人と向き合い最善の道を模索する泥臭い力が欠かせません。現在、私たちは人材紹介業において1年間で約3000人※の人材を、国内大手自動車メーカーへ送り出しています。人材業界で決して大企業とは言えない私たちが、これだけの出会いを産み出した事実。「人と向き合い続け、諦めない」という姿勢が、今の時代に必要とされている証拠なのだと強く信じています。(※2016年実績)

STRENGTH
02

日本の労働市場の未来に向け、
大きな期待がかかる人材ビジネス業界。

くということにおいて、日本は未知の時代に突入します。少子高齢化による労働人口の減少があります。海外人材の活用や女性の雇用創出は急務です。また、人工知能の進歩による産業の革新は人間の働き方に変革をもたらすはずです。終身雇用神話は崩壊し、この先は、期間・場所・雇用形態・性別・人種などの条件に囚われない多種多様な働き方が出現し、人と企業の双方に千差万別の状況が生まれます。だからこそ、雇用者と求職者のニーズをきめ細やかに汲み取り、ベストマッチングを創出できる人材ビジネス業界の力が必要不可欠なのです。実際に2014年度から、政府主導によるハローワークと民間事業者の連携を深める取り組みが始まっています。有名無実化していた「ジョブ・カード※」の見直しなど、労働市場の抜本的な改革は日本の課題であり、解決に向け、私たちに大きな期待がかけられています。(※政府主導で開始された、求職者の職業能力証明などを担うツール。)

STRENGTH
03

目的を達成するまで諦めない強さ。
すべての力の源は、一人ひとりの社員です。

日本を揺るがした経済危機や自然災害など、様々な経営環境の変化によって、多くの企業が苦難を経験してきました。私たちも例外ではありません。しかし、一つひとつ克服していく度に、より強い会社に成長しています。成長の源泉は社員の人としての力です。世界トップクラスのメーカーとのパートナーシップをゼロから作り上げたのも、その苦境の中からでした。全社員に刻まれたDNAと人間力が私たちの強みです。
 企業と働き手の双方を幸せにする仕事は、ときに困難を伴います。目の前のハードルを乗り越えていく人としての強さを、私たちは直接的な仕事ではない「元気の素」を通じて磨きます。私達の「元気の素」は、“遊び”であり、CSR活動であり、研修であり、異文化交流などです。例えば、社内イベントを企画するとき参加者全員を楽しませるにはどうするか、といった課題と真剣に向き合うことは、人と向き合うための根本的な力を育みます。人と向き合うことは、私たちの仕事そのものと向き合うこと。こうした様々な「元気の素」を生み出すプロジェクトを継続し、人間力の強さを次世代に継承しています。